老眼の基礎知識
2017年04月10日更新 2017年02月28日公開

かすみ目の原因と治療法とは

パソコンやスマホを長時間使っていると、時々文字がかすんで見えることがあります。このような目のかすみをなぜ感じてしまうのでしょうか。そこで今回は、かすみ目の原因や治療法などをドクター監修の記事でご紹介します。

目を酷使する仕事をしている人なら、よく感じる症状としてかすみ目があります。どうして目を酷使してしまうとものが見えにくくなったり、かすみ目になったりしてしまうのか、かすみ目の原因などについて見てみましょう。

目がかすむ原因

仕事中に目のかすみを感じてしまうことがあります。かすみ目の理由は、老眼など年齢によるものと、目の疲れである眼精疲労が原因といわれています。もともと私たちは、ものを見るとき、目の水晶体の部分厚さを調節することでピントを合わせ、近くを見たり遠くを見たりしています。しかし、ものがはっきり見えないかすみ目になった場合、このピント機能がしっかり働かなくなるため、見えにくくなっていたようです。

疲労か老眼かを見分ける方法

目がかすむ原因として眼精疲労と老眼があります。どちらも同じように目がかすんでしまうため、実際目がかすんでしまった場合、どちらが原因で目かすみ目になっているのかわからなくなる場合があります。そこで、ここからは同じかすみ目でも、眼精疲労と老眼の違いについて紹介しましょう。

老眼の症状

老眼は、目のレンズの部分に当たる水晶体が硬くなってしまったり、水晶体を動かす毛様体筋が老化により動きが鈍くなってしまったりすることで、ピントがしっかり合わなくなりかすみ目を感じてしまうようです。老眼は、年齢を重ねることで誰にでも起こってしまう事なので避ける事はできませんが、老眼鏡を使ったり、生活改善をしたりすることで、できるだけ目に負担がかからないように気をつけることはできるでしょう。

眼精疲労の症状

眼精疲労の場合は、パソコンやスマートフォンを長時間使用することで起こってしまう目の疲れのようです。近くでものを見ているとき、私たちは気がつかないうちに水晶体を膨らませ、目が緊張した状態で長時間過ごしている可能性があるようです。この緊張状態が長く続き、ふと遠くを見たときしっかりピントが合いにくくなります。これが眼精疲労によるかすみ目の原因の可能性が高いといえるでしょう。

かすみ目を見分ける方法

かすみ目の原因には、病気も含め色々原因はありますが、眼精疲労による目のかすみか老眼による目のかすみなのかは、しばらく時間を置いた後、ちゃんと目のピントが合うか合わないかで判断できるようです。眼精疲労なら時間が経つとピントが合うようになりますが、老眼の場合はピントが合いにくくなるので、そこで判断すると、同じ目のかすみでも眼精疲労か老眼なのかわかるでしょう。

かすみ目を引き起こす病気

老眼が原因のかすみ目と、眼精疲労が原因のかすみ目の違いは理解いただけたでしょう。そこで、私たちにとってより気になるのが、老眼や眼精疲労以外でかすみ目を感じてしまう病気です。ここでは、かすみ目を引き起こす原因の病気と特徴をご紹介しましょう。

  • 白内障

白内障は、目の老化により水晶体が濁ってしまう病気です。進行すると、全体的に霧がかかったようかすんで見えるのが特徴です。

  • ドライアイ

ドライアイは、涙の質が変わってしまったり、涙が不足したりすることで、目に涙が行き届きにくくなる病気です。目のかすみや乾きを感じるのが特徴です。

  • 緑内障

緑内障には大きく分けて急性緑内障と慢性緑内障があります。慢性緑内障は、視神経が徐々に障害されていくことで、視野が欠けたり目のかすみを感じたりするのが特徴です。そして急性緑内障は、急激に眼圧が上昇することで、頭痛や激しい目の痛み、吐き気などがあり、短時間で視神経が極度の障害を受けるため、最悪の場合、失明のおそれもあります。

  • ぶどう膜炎

目が炎症を起こす病気で、飛蚊症やかすみ目、まぶしさを感じることがあります。こちらも最悪の場合、失明の危険性があるようです。

  • 黄斑変性症

黄斑変性症は、老化が原因で起こることが多いようで、視野の片側の中心部分がかすんだり、黒ずんで見えたりするのが特徴です。

  • 糖尿病性網膜症

糖尿病の合併症として現れるもので、特に網膜の部分が悪くなってくると、視力の低下やかすみ目のほかに、飛蚊症最悪の場合失明などの症状があるのが特徴です。

かすみ目の治療法

同じかすみ目でも病気によってそれぞれ違いはありますが、病院でかすみ目の治療をするとなった場合、どのような治療が行われるのか紹介しましょう。

メガネ、コンタクトレンズの使用

かすみ目は、目の疲労などからピントが合い辛くなるので、このピントを合わせるために、使用する人の目に合わせてメガネやコンタクトレンズで矯正していきます。また、点眼薬などで、目の渇きを防ぐ方法もあります。

そのほか、上述したような疾患が原因となっているかすみ目の場合は、手術や点眼、内服など各疾患に応じた治療法がありますので、もしかすみ目を感じた場合は放置せず、しっかり病院で診てもらう方が安全といえるでしょう。

「老眼の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play