頭痛・片頭痛の予防・対処
2017年03月31日更新 2017年03月31日公開

頭が痛い!くりかえす頭痛の原因と対処法・予防法

頭痛は1つの病気で、原因や治療法についても確立したものがあります。頭が痛い状態を持病として処理する人もいますが、中には対処できるものがあります。この記事では、ドクター監修の元で頭痛に関する情報についてご紹介しましょう。

頭痛は病気の一種で、頭痛外来という診療科があるほど悩まれる人が多い病気でもあります。しかし、頭痛は治らないものと考えて、市販の頭痛薬によって抑えている人も多くいるようです。ですが、市販の頭痛薬では症状を悪化させてしまうことがあるといわれています。ここでは、日ごろ頭痛に悩む人に対して、頭痛の痛みからその種類や対処法についてご紹介しましょう。

くりかえし生じる頭痛とは

くりかえし起きる頭痛の多くは、風邪(かぜ)や二日酔いの頭痛ではなくて一次性頭痛に分類されることが多いようです。一次性頭痛とは、持病やストレスなどさまざまな原因が元で起こる頭痛といわれています。それらの頭痛は発生する原因が違うとともに、痛みにも特徴があります。その頭痛ごとに対処法も違ってきますので、痛みや症状が各頭痛を判断し、対処するのが重要となります。ここからは、痛み別に3つの頭痛についてご紹介しましょう。

ズキズキと頭が痛い

ズキズキとした痛みの場合、こちらは片頭痛と診断されることが多いといわれています。

片頭痛とは

片頭痛とは通常、頭の片方に痛みが出て、ズキズキとした痛みが特徴といわれています。3割くらいは両側に頭痛が起こります。運動後や緊張から解放されたときに血管が拡張し、痛みが発生します。片頭痛が発生してしまう原因としてはストレスや精神的緊張、または遺伝的な要素が関係しているといわれています。また、月経周期に合わせて片頭痛が出ることもあり、女性に多いようです。

片頭痛が発生するときは、月に1回から数回のときもあれば、多いときは週に1~2回ほど出るといわれています。人によっては片頭痛の前兆として目がチカチカすることもありますが、これは少数派になっているようです。さらに、吐き気をともなうことも多いといわれています。

片頭痛の対処法と予防

片頭痛に対する対処法としては、痛む場所を冷やすのが効果的といわれています。こめかみなどに冷たいタオルを当てるだけで、痛みが和らぐこともあります。また、血管を縮小する効果のあるカフェイン入りの飲み物を摂取すると、痛みが和らぐといわれています。コーヒーや紅茶、緑茶などが効果があるとされています。

片頭痛を予防するには、片頭痛が起こる際のシチュエーションを止めるのが効果的といわれています。たとえば、まぶしい光を受けたときや食べたものが原因の場合は、それを止めると片頭痛が起こりづらくなるようです。他には、赤ワインやチョコレート、チーズを食べると起こる場合もあるようなので、片頭痛持ちの人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

締め付けられるような痛み

頭に締め付けられるような痛みが出る場合は、緊張型頭痛の可能性が高くなります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭の後方部分に痛みが出るのが特徴で、30分から1週間ほど痛みが続くのが特徴です。肩こりやストレスを感じている人に多く、頭痛とともに目の疲れやめまいが出てくるのが特徴といわれています。緊張型頭痛が出る原因としては、身体的ストレスと精神的ストレスに悩まされる人が多いようです。身体的ストレスとは、悪い姿勢や長時間のデスクワークをしている人に多く、睡眠不足の人にも多いといわれています。また、精神的ストレスとしては、人間関係や仕事、家族間での悩みなどが原因で発生するようです。

緊張型頭痛の対処法と予防

緊張型頭痛への対処法としては、体のマッサージが効果的といわれています。マッサージをすることで体の緊張を解くと、自然と頭痛が発生しないことも多いといわれています。頭痛外来など頭痛専門の診療科では、痛みがひどい場合は筋弛緩薬を使うこともあるようです。また、精神面に原因がある場合は、三環系抗うつ薬や抗不安薬を使いながら治療することもありますが、基本的には生活や精神面の改善が重要であるといわれています。

緊張型頭痛を予防するには、普段からストレッチを行って筋肉をほぐしておくのがいいでしょう。また、長時間パソコンや運転によって同じ姿勢を取る人は、適度に席から立ってリフレッシュすることも重要といわれています。また、シャワーよりもお風呂のほうが体をほぐすこともできるため、血行をよくすることを心がけましょう。

一側の目の奥が痛くなる頭痛

一側の目の奥が痛くなる場合は、群発頭痛の可能性が高くなってくるようです。

群発頭痛

群発頭痛とは、男性に多く決まった時間や期間に出てくる頭痛といわれています。一次性頭痛の中ではもっとも痛く、目の充血や鼻づまりなどをともなうのが特徴です。群発頭痛が出てくる原因はまだ判明していませんが、血管の拡張が痛みの原因であるといわれています。

予防・対処法

群発頭痛は市販の薬では痛みが和らぐことは少ないため、クリニックにて処方されるトリプタン製剤の注射がもっとも効果的といわれています。また、酸素吸入による治療も行うことがあるようで、こちらの治療を受けたい場合はドクターに相談してみましょう。また、群発頭痛はアルコールや飛行機による気圧変化によって発生するといわれているため、避けることを心がけましょう。

激しい頭痛は医療機関への受診をおすすめします

一次性頭痛にはそれぞれ痛みや出る際に特徴が存在しています。しかし、生活の中で今までに感じたことのない痛みを感じることもあります。その場合は、ここまで紹介してきた一次性頭痛ではなくて、くも膜下出血や脳腫瘍の可能性がある頭痛だったというケースがあるようです。これらの頭痛は突如出てくるため、危険を感じた場合はすぐに医療機関にてドクターに相談するようにしましょう。

「頭痛・片頭痛の予防・対処」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play