副鼻腔炎(蓄膿症)の治療
2017年05月01日更新 2017年03月31日公開

蓄膿症の治療方法について

蓄膿症は副鼻腔炎とも呼ばれており、鼻づまりや鼻の奥の独特のにおいといった症状が特徴となっています。ここでは、蓄膿症の検査方法や治療方法について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

蓄膿症の治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。病院を受診した際、検査から治療まで、どのような流れになるのかを詳しくご紹介します。

蓄膿症の検査方法

蓄膿症の症状ではないかと病院を受診すると、まずは検査が行われることとなります。検査には前鼻鏡(ぜんびきょう)という器具が使われ、この器具によって、鼻の中の症状を確認していくこととなります。ただ、鼻の奥の部分に関しては、どうしても前鼻鏡では確認が難しいとされるため、内視鏡が用いられることもあります。また、蓄膿症の可能性が高いとされる症状がある場合は、その蓄膿症による炎症がどの部分で起きているのかを正確に把握するため、X線検査やCT検査が行われるという流れになります。その他アレルギーの有無を確認するための血液検査や、蓄膿症の原因とされる細菌の特定を鼻水によって行う検査が行われる場合もあります。

蓄膿症の治療方法

蓄膿症の治療には保存療法と手術療法があり、保存療法の場合は薬による治療が行われます。そして、主に抗菌薬を用いた治療が行われることとなります。蓄膿症の治療に使用される薬のうち、病院で処方される治療薬は3種類となっています。まず、抗菌薬といった「細菌の増殖を抑えるとともに、殺菌作用のある薬」、そして消炎酵素薬や解熱鎮痛薬といった「症状を抑える作用がある薬」、さらに、気道潤滑薬、気道粘液溶解薬、気道粘液修復薬などの「痰や鼻水を出しやすくする作用がある薬」があげられます。一般的にはこれらの薬は組み合わせて処方されます。

蓄膿症はどれくらいで治る?

蓄膿症の場合、保存療法であれば1~2週間ほど、手術療法であれば入院期間となる1週間ほどが目安となります。ただし、手術療法の場合は術後の感染症のリスクなどもあるため、よく考えて決断をするようにしましょう。

蓄膿症の治療期間中の過ごし方

治療期間中は、処方された薬または市販薬の服用を続けることが何よりも重要です。処方される薬、そして市販されている薬には以下のようなものがあります。

抗菌薬

蓄膿症の原因とされる細菌の増殖を防ぎ、殺菌をするといった作用のある薬です。キノロン系、ペニシリン系、マクロライド系、セフェム系があり、患者の症状の原因となる細菌に合わせて処方されるかたちとなります。服用を途中でやめてしまうと再発の可能性があるので、処方された薬はドクターの指示通りに最後まで飲み切るようにしてください。

症状を抑える作用のある薬

解熱鎮痛薬は熱や痛みの原因の働きを抑える作用をもっており、顔面痛といった症状がみられる場合に処方されます。

痰や鼻水を出しやすくする作用のある薬

痰や鼻水を溶かし、のどや鼻の粘膜にある繊毛の動きを促して、痰や鼻水を出しやすくする作用があります。気道潤滑薬、気道粘液溶解薬、気道粘液修復薬の3つとなります。

このほかに、粘膜の腫れがひどい場合やポリープがある場合は、ステロイド剤が処方される場合もあります。また、副鼻腔炎に効果のある市販薬としては、漢方薬が販売されています。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

8種類の生薬が配合された漢方薬となっています。水分のバランスをコントロールする作用が期待できるほか、抗アレルギーや抗炎症作用もあります。蓄膿症の治療だけではなく、風邪(かぜ)、気管支ぜんそく花粉症の症状の緩和にも用いられます。

辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)

9種類の生薬が配合された漢方薬となっています。鼻の粘膜にある絨毛に働きかけ、膿の排出を促します。そして膿の発生や炎症を抑える効果があります。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

17種類もの生薬が配合された漢方薬となっています。体内の熱や腫れといった症状の原因を取り去る作用や、血流の改善作用をもっています。また、痰や膿を出しやすくする作用があるとされています。蓄膿症または慢性鼻炎に効果があるほか、このような病気になりやすい人の体質改善にも効果的であるとされています。

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)

9種類の生薬が配合された漢方薬です。頭痛や鼻づまりといった症状の改善に効果が高いとされています。

蓄膿症の症状が軽い場合、そして病院の診察を受ける時間がないという人は市販薬を購入することがあるでしょう。蓄膿症の販薬は、ほぼすべてには漢方の生薬が配合されています。市販薬を購入する際は、薬剤師に相談をしながら、自分の症状に適したものを選ぶようにしましょう。

蓄膿症の治療法がは主に薬の服用が中心となります。症状が悪化しないよう、できるだけ早い段階で適切な治療を受けるようにしましょう。

「副鼻腔炎(蓄膿症)の治療」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play