歯周病の基礎知識
2017年05月01日更新 2017年03月31日公開

歯周病のひとつ歯槽膿漏の特徴

歯槽膿漏(しそうのうろう)とは歯周病のひとつで、歯周病が悪化した状態をいいます。歯茎が炎症し、出血や膿が出るなどの特徴があります。歯槽膿漏の特徴や治療法、予防のポイントについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

歯のトラブルである歯周病のひとつに、歯槽膿漏(しそうのうろう)があります。歯周病が悪化した状態を指し、歯茎から血や膿が出たり、歯茎が退縮して歯がぐらついたりするなどの症状が現れるのが特徴です。歯槽膿漏の特徴や原因、治療や予防のポイントについて、詳しく解説していきます。

歯周病と歯槽膿漏は同じ?それとも違う?

歯槽膿漏とは「歯周炎」とも呼ばれ、歯茎から膿が出るような症状をいいます。一般的には歯周病と同じ使われ方をしていますが、歯周炎や歯肉炎などの歯のトラブルを総称して「歯周病」といいます。健康な歯の状態から歯肉炎、歯槽膿漏(歯周炎)の順に悪化していくといわれています。

歯槽膿漏の特徴とは?

歯周病の初期段階である歯肉炎は、ほとんど症状がないといわれています。症状が進行し歯槽膿漏になると、歯茎の出血や腫れなどの違和感が出てきます。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯槽膿漏の歯茎は赤紫色をしています。歯と接している歯肉は腫れ、ブラッシングをすると出血したり膿が出てきたりすることもあります。全体的に歯肉が退縮するため、歯が長く見えます。歯と歯の間も広くなり、食べ物が挟まりやすくなるなどの症状も現れます。さらに進むと、歯を支える土台である歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらとしてきます。最終的には抜歯の可能性もあります。

歯周病の原因

口の中には、およそ300~500種類もの細菌がいるといわれています。これらの菌は普段は害がありません。しかし、磨き残しや砂糖の摂取などがあると、それをもとに粘り気のある物質を作り出し、歯の表面に付着します。これをプラークといい、プラークが歯周病の原因と考えられています。プラークには、1mg中に約10億個もの細菌がいるといわれています。その中でも歯周病を引き起こす特異的な細菌が存在していることが研究により解明されています。

歯周病を進行させる危険因子

歯周病を進行させる危険因子には以下のようなものがあります。当てはまるものがある場合、治療したり習慣を見直したりして、歯周病を進行させないように気をつけましょう。

・歯ぎしりや歯のくいしばり

・不適合な義歯や冠

・不規則な食生活

・喫煙の習慣

・精神的、身体的ストレス

・疾患(糖尿病や骨粗鬆症、ホルモンバランスの乱れなど)

・薬の長期間にわたる服用

・遺伝

・家族間感染

歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏などの歯周病の治療には、「基本治療」と「外科治療」があります。歯周病の治療では、症状に関係なく基本治療で改善していくのが一般的です。歯周病になると、歯周ポケットが深くなり歯の根の深い部分にプラークが付着することがあります。そのようなプラークは、ブラッシングでは取り除くのが難しいとされています。基本治療ではそのようなプラークを専用の器具を使って完全に除去します。

基本治療で歯周ポケットの深さが改善されなかったり、それにより細菌に感染して歯周病が進んでしまったりした場合、手術による治療が行われることがあります。特殊な材料を使用して、部分的に失われた骨を再生する手術もあります。外科治療は個人の状態に合わせた治療が行われることが一般的のため、治療内容は個人によって変わります。外科治療により歯周ポケットが改善された場合、基本治療と同様のメンテナンスにより経過をチェックしていきます。

歯槽膿漏の予防法

歯槽膿漏などの歯周病の原因はプラークです。プラークを溜めない、除去して増やさないことが予防には大切です。歯槽膿漏を予防するポイントは、具体的には以下のとおりです。

・正しいブラッシングを行う

正しくブラッシングができていなければ、プラークは除去できません。プラークが溜まりやすい部分は「歯と歯の間」「歯と歯肉の間」「奥歯などブラシの頭が届きにくい所」です。この箇所にしっかりとブラシを当てて磨きましょう。慣れないうちは、鏡をみながら行うのもよいでしょう。

また、ブラシは小刻みに動かします。歯の表面は凹凸が多く、ブラシを大きく動かすとうまくプラークが除去できません。歯1本に対し、10~20回磨くイメージでブラッシングをします。このとき、歯や歯肉を痛めるおそれがあるため、力は入れないようにします。軽い力でゆっくり時間をかけて(5分以上が目安)磨くようにしましょう。

・歯石を取り除き、細菌を除去する

歯肉の中まで入ってしまった歯石はブラッシングでは除去しきれません。歯科専門の医療機関で完全に取り除いてもらいましょう。また、根の表面も滑らかにし、炎症を起こす細菌も除去しておきましょう。

・健康に近い歯肉の状態を保つ

痛んだ歯肉や骨は、治療をして健康に近い状態にしておくようにしましょう。

・定期的に歯科専門医のメンテナンスを受ける

歯の健康状態を保つため、定期的にメンテナンスを受けましょう。歯周病になった場合でも、早期に発見し対処することができます。

「歯周病の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play