歯周病の治療
2017年05月01日更新 2017年03月31日公開

歯周病の治療方法について

歯周病は多く見られる歯のトラブルです。自覚症状がなく気づくのが難しいですが、進行すると歯を失うことにもつながるため注意が必要です。歯周病の治療方法について、ドクター監修の記事でお伝えします。

歯周病は多くの人にみられる歯のトラブルです。初期症状は歯肉が腫れるなどが現れますが、進行すると膿が出たり歯を支える骨が溶けたりします。最終的には歯を失うことにもつながるため、注意が必要です。歯周病の治療方法と抜歯の可能性について、詳しく解説していきます。

治療が必要な歯周病とは

歯周病は自覚症状がないため、気づくことが難しい病気といわれています。異変に気づいたときには、歯周病がかなり悪化しているケースもあるため、定期検診などで早期に発見することが大切です。

歯周病は過程により名前が変わり、初期段階を「歯肉炎」、さらに進行した段階を「歯槽膿漏(歯周炎)」といいます。歯周病になると、歯肉が腫れ、歯と歯肉の間に汚れが溜まりやすくなります。すると、歯周病はどんどん進行してしまいます。初期の段階で治療を開始することが大切です。

歯周病の治療方法

歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病の治療には、「基本治療」と「外科治療」の2種類があります。基本治療はすべての歯周病の治療になり、場合に応じて外科治療もすることがあります。

基本治療

歯周病の過程や程度に関係なく、最初に行われるのが基本治療です。基本治療では、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)および歯石の除去をはじめ、歯の根の表面の滑沢化、噛み合わせの調整などを行います。歯の表面や根の表面に付着したプラークを除去するには、専用の器具を用いて行います。ブラッシングでは取り除けない歯肉の中まで入ってしまった歯石や細菌も除去し、健康な状態に近づけます。また、歯周病が進行すると、歯を支える土台である歯槽骨が溶けて歯が不安定になります。この状態で噛むと、歯や歯肉に負担がかかるため、噛み合わせの調整を行います。歯を削ったり、専用の接着剤で隣の歯と接着したりすることがあります。これらの治療により、歯周ポケットの状態が浅く(2~3mm)改善されれば、メンテナンス(定期検診)になります。

外科治療

基本治療で歯周ポケットの深さが改善されなかったり、細菌に感染して歯周病が進んでしまったりした場合、手術による治療を行います。外科治療は、個人の状態に合わせた治療が行われることが一般的のため内容は患者の症状に基づいて決められますが、歯周ポケットの深さを減少させる手術や、失われた骨を再生する手術などが考えられます。外科治療により歯周ポケットが改善された場合、基本治療と同様、メンテナンスにより経過をチェックしていきます。

重い歯周病に対する治療方法

重い歯周病とは、歯槽膿漏が悪化した状態です。歯を支える歯槽骨は溶けてしまい、しっかりと噛むことができなくなります。歯と歯茎の間からは膿が出ます。口臭も強くなり、状態はかなり悪いと考えられます。このような重度の歯周病の治療でも、大前提は「基本治療」になります。そのうえで、失われた組織の回復を行っていきます。

歯周組織再生療法

歯周病によって失われた骨などの組織を回復する治療法です。回復するために必要な場所を確保し、失われた組織を誘導する薬剤を使って組織を再生させます。

歯周外科

進行した歯周病は、歯の根の深い部分にまで歯石が付着してしまいます。麻酔により歯肉を一時的にめくり、歯の根の深い部分に付着した歯石を除去するための治療法です。

歯周補綴(ししゅうほてつ)

歯周病が進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらすることがあります。不安定な状態では食べ物を噛みにくくなったり、噛んだ時に負担が大きくなったりします。また、プラークコントロールも難しくなるといわれています。そのような状態を改善するために、不安定な歯をお互いにかぶせものをしてつなぎ、歯を安定させる治療法です。

FMD

FMDとは、フルマウスディスインフェクションといいます。特定の毒性のある歯周病菌が影響している場合、その原因菌を完全に除去する必要があります。細菌検査により原因菌を突き止め、その菌に有効と考えられる抗生物質を服用します。平行して歯や舌、頬粘膜をクリーニングし、原因菌を完全に除去する治療法です。

抜歯

歯周病の治療は、できるだけ歯を残すことを目的に行われます。しかし、いかなる方法でも歯を残せる可能性が見出せない場合、抜歯による治療を行います。

歯周病で抜歯しなければならないケースとは

前述のように、抜歯は治療の最終手段として行われます。抜歯しなければならないケースとは、その歯を残すことにより歯周病が悪化するなど、さまざまな悪影響が考えられる場合です。具体的には、その歯が原因菌の住処になっていたり、それにより周辺の歯や骨が大量に溶けてしまったり、口臭がひどくなったりすることが考えられる場合です。そのような歯を残しておくことにより、インプラントなどの人工の歯を入れる処置も難しくなってしまいます。

どのような処置や治療法でも、患者と医師のコミュニケーションが大切です。歯周病の治療法にはさまざまな方法が考えられます。患者の希望に沿いながら、医師は満足のいく治療法を一緒に探していくスタンスが大切であるとされています。

「歯周病の治療」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play