歯周病の基礎知識
2017年05月01日更新 2017年03月31日公開

歯周病の症状とは

歯周病は自覚症状がなく、気づくのが難しい病気です。さまざまな病気との関係も考えられ、歯周病を治療することが疾患の改善につながると考えられています。歯周病の症状と予防法について、ドクター監修の記事でお伝えします。

歯周病は歯だけでなく、全身に症状が現れることがあります。それには、関係が指摘されている病気が影響していると考えられます。歯周病で起こるさまざまな症状や対処法、予防のポイントについて、詳しく解説していきます。

歯周病の症状とは

歯周病の初期には、ほとんど目立った症状がないといわれています。症状が進行すると歯肉炎や歯槽膿漏と呼ばれ、歯茎の出血や腫れなどの違和感が出てきます。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯周病の歯茎は赤色や赤紫色に変色します。歯と接している歯肉は腫れ、ブラッシングをすると出血や膿が出てくることもあります。全体的に歯肉が退縮するため、歯が長く見えます。歯と歯の間も広くなるため食べ物が挟まりやすくなったり、また、口臭がきつくなったりするなどのトラブルが現れます。さらに進むと、歯を支える土台である歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらとしてきます。最終的には抜歯の可能性もあります。

歯周病との関係が指摘されている疾患とは?

歯周病は口腔にだけトラブルが起こるのではありません。全身にも疾患として影響を及ぼすと考えられています。歯周病が原因となって起こる疾患には、以下のようなものがあります。

狭心症、心筋梗塞

動脈硬化により血管が細くなったり、血栓ができやすくなったりする疾患です。心筋に血液が流れにくくなり、最悪の場合死に至る危険な病気です。狭心症や心筋梗塞の原因は、肥満や運動不足、ストレスなどの生活習慣が大きく関わっていると考えられています。しかし、近年の研究により、歯周病菌などの細菌感染も影響していることが解明されてきました。歯周病の原因菌による刺激が動脈硬化を誘引する物質を作りだすと、血管内にプラークができるといわれています。血管内に作られたプラークが血管を細くし、狭心症や心筋梗塞の原因となっていると考えられます。

脳梗塞

脳の血管にプラークができ、血管が詰まりやすくなるため脳梗塞が起こると考えられています。歯周病の人は健康の人と比べて、約2.8倍脳梗塞になりやすいといわれています。生活習慣の改善とあわせて、歯周病の治療や予防を行うことが大切です。

糖尿病

以前から、歯周病になると糖尿病を併発するといわれてきました。実際に糖尿病を患っている人は、そうでない人と比べて歯周病になっている割合が高いという調査報告もあります。また、歯周病になると糖尿病が悪化するというケースもあるといわれています。お互いに影響を及ぼしているため、治療を行うようにしましょう。歯周病を治療すると、糖尿病も改善される場合もあると考えられています。

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏により骨が弱くなる症状をいいます。全身の骨が弱くなるため、歯を支える歯槽骨も弱くなります。また、歯周ポケット内では炎症を起こす物質も作られるため、歯周病の進行を早めるといわれています。閉経後の女性は、特にエストロゲンが欠乏し歯周病になりやすくなるため、注意が必要です。

歯周病の症状が現れたときの対処法

歯周病の症状が現れたときは、程度に関係なく歯科専門の医療機関で治療をしてもらうことが大切です。歯周病になると歯周ポケットが深くなり、歯の根の深い部分にまでプラークが付着します。そのような部分のプラークは、ブラッシングだけでは除去するのが難しいといわれています。また、歯周病により骨などの歯周組織が失われている可能性もあります。歯周病の症状が現れたときは、プラークの完全除去や欠如した歯周組織の回復などの治療を受け、悪化させないようにしましょう。

歯周病を悪化させないためのポイント

歯周病はセルフケアで予防することが可能です。以下のポイントに気をつけ、悪化させないように心がけましょう。

正しい歯磨きをする

正しく歯磨きができていなければ、プラークは除去できません。プラークが溜まりやすい部分は「歯と歯の間」「歯と歯肉の間」「奥歯などブラシの頭が届きにくい所」です。この部分にしっかりとブラシを当てて磨きましょう。慣れないうちは、鏡を使ってしっかりブラシが当たっているかチェックしましょう。また、歯ブラシは小刻みに動かします。歯の表面は凹凸が多く、ブラシを大きく動かすと磨き残しがでてしまいます。歯1本に対し、10~20回磨くイメージで歯を磨きましょう。このとき、歯や歯肉を痛めるおそれがあるため、力は入れないようにします。1日に最低1回は、5分以上かけてゆっくり丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

よく噛んで食べるようにする

よく噛んで食べると、唾液が多く分泌されます。唾液は口の中の細菌を洗い流す作用があるため、歯周病をはじめ虫歯や口臭の予防に効果があるといわれています。また、よく噛むことは肥満や糖尿病などの予防にも効果が期待できます。食物繊維などの歯ごたえのあるものを、しっかりと噛む習慣をつけるようにしましょう。

生活習慣を見直す

食習慣以外にも、注意したい生活習慣があります。睡眠が不足すると、体の抵抗力が下がり細菌に感染しやすくなります。歯周病菌にも感染するリスクが高くなるため、睡眠も十分にとるようにしましょう。また、適度な運動も効果があるといわれています。適度な運動は、歯周病に悪影響を及ぼす糖尿病の改善が期待できます。運動により体力がつき、抵抗力も高められるなどの効果もあると考えられます。同時に、喫煙の習慣がある人は、禁煙を実施しましょう。喫煙習慣のある人はそうでない人と比べて、約2~7倍歯周病になるリスクが高まるといわれています。歯周病をはじめ癌などのさまざまな病気を発症するリスクも高くなるため、全身の健康のためにも禁煙を実施するようにしましょう。

「歯周病の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play