歯周病の予防・改善
2017年05月01日更新 2017年03月31日公開

歯周病を予防するために必要なこと

歯周病は自分では気づきにくく、再発も多いといわれています。予防には日々のセルフケアと、医療機関での定期検診を受けることが大切です。歯周病を予防するために必要なことについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

歯周病は「静かなる疾患」とも呼ばれるように、自覚症状なく進行していく病気です。再発も多くみられるため、予防には日々の歯磨きなどによるセルフメンテナンスと、医療機関での定期検診が重要です。歯周病を予防するために知っておきたいポイントについて、詳しく解説していきます。

歯周病を発症するメカニズム

歯周病は、歯磨きで除去しきれなかった歯垢(プラーク)が原因となって起こると考えられています。プラークとは細菌のかたまりで、およそ300~500種類もの細菌がいるといわれています。それらの菌に感染し炎症が起こると、歯肉が腫れるなどの症状が現れます。また、歯周病になると歯と歯肉の境目である歯周ポケットが深くなります。深くなった歯周ポケットに細菌が入り込むと、歯の根の表面にもプラークが付着します。深い部分に付着したプラークは、歯ブラシでは除去ができません。すると、プラークがどんどん増殖し、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)も溶かしてしまいます。歯はぐらぐらと不安定になり、最終的には抜歯の可能性も出てきてしまいます。

歯周病を悪化させる食生活や習慣

歯周病を悪化させる生活習慣があります。日々の生活で以下のポイントが思い当たる場合、歯周病が悪化している可能性があります。すぐに見直して歯周病の改善に努めましょう。

早食い、糖質の多い食事などの食習慣

歯周病になると、高い確率で糖尿病を併発するといわれています。歯周病と糖尿病はお互いに悪影響を及ぼしており、どちらの疾患も悪化すると考えられています。よって、糖尿病を発症または悪化するような食生活は、歯周病も同時に悪化させると考えられています。糖質の多い食事や高カロリーな食事は糖尿病を招きます。また、よく噛まないで食べる早食いや大食いは、摂取カロリーを増やしてしまいます。そのほか、食べる時間が遅かったり不規則であったりすると、糖尿病を招くと考えられています。

運動不足、睡眠不足

運動不足もまた、糖尿病や肥満、高血圧を招くと考えられています。歯周病は、原因菌に感染することで起こります。そのため、抵抗力や体力が落ちていると、それらの菌にも感染しやすいといわれています。運動をすることで体力をつけ、糖尿病も改善できると考えられます。また、同様に睡眠不足も体力低下につながります。規則正しい生活が、歯周病悪化の予防に効果があると考えられています。

喫煙の習慣

喫煙も、歯周病のリスクを高めるといわれています。喫煙の習慣がある人は、ない人と比べて歯周病を発症するリスクが約2~7倍も高くなるという報告もあります。喫煙はまた、糖尿病などの生活習慣病も悪化させると考えられています。全身の健康のためにも、禁煙をすみやかに実施することが大切です。

歯周病予防のための考え方

歯周病は、プラークが溜まることにより起こるトラブルです。歯周病を引き起こさないためには、プラークを溜めないこと、そして、増やさないようにすることが肝心です。それには、日々のメンテナンスが重要になってきます。普段のセルフケアにプラスして、歯科専門医の定期検診を受けるようにしましょう。

プラークを溜めない歯磨きの方法

プラークは毎日の歯磨きでほとんど除去することが可能といわれています。プラークの溜まりやすい場所は「歯と歯の間」「歯と歯肉の間」「歯ブラシの頭が入りにくい奥歯」などです。これらの場所に正確に歯ブラシを当て、プラークを落とすことを意識して歯磨きをしましょう。歯の隙間の汚れは、歯間ブラシやフロスなどを使うのもよいでしょう。歯ブラシは細かく動かすことがポイントです。歯1本ずつを10~20回磨くようなイメージで、丁寧に磨きましょう。

理想は毎日、毎食後に磨くことです。難しい場合は、1日に最低1回は時間をかけて(5分以上が目安)磨くようにします。特に就寝前の歯磨きを丁寧にすることが望ましいとされています。

生活習慣を見直す

歯周病は、心筋梗塞や狭心症などの心疾患、脳梗塞、糖尿病などの病気とも関係があると考えられています。これらの疾患を患っている人は歯周病にかかるリスクも高く、また、それぞれの疾患が悪化する場合もあるといわれています。歯周病の予防は、さまざまな疾患の予防につながります。食事や運動などの生活習慣を見直し、歯周病を発症させないように心がけましょう。

歯科医院を受診して歯周病を予防する方法

歯周病は自覚症状がないため、再発や進行を自ら発見することは難しいとされています。違和感やトラブルがなくとも、歯科専門医での定期検診を受けるようにしましょう。歯科専門医での定期メンテナンスには、以下のようなものがあります。

・歯周精密検査(X線検査や歯周ポケットの深さの測定など)

・ブラッシングの再確認

・噛み合わせの確認

・生活習慣の相談、指導

・トゥースクリーニング

・抗菌剤やフッ素の塗布

歯周病は再発も多くみられるため、日々のメンテナンスが進行を抑える鍵となります。定期検診は3~6か月ごとに行うことが理想的です。歯を失わないためにも、日々のケアと医療機関でのチェックを忘れないようにしましょう。

「歯周病の予防・改善」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play